スマホが壊れたら!保証期間内なら修理してもらえる!


保証によって連絡すべきところが違う

スマホが故障した場合、購入時にメーカーが設定している保証が残っているか確かめてみましょう。残っているのならメーカーに連絡をすれば、修理してもらうための方法を教えてくれます。もしも、メーカー保証が切れていて家電量販店の独自保証が残っている場合、購入したお店に連絡する必要があります。メーカーに連絡しても対応してくれないので、問い合わせ先は間違えないようにしましょう。

無料かどうかチェック

保証があれば何でも無料で直してもらえるわけではありません。有料修理になる場合もあるので、見積もりはきちんともらうようにしましょう。なお、できるだけ手間を省くために無料のときは連絡なしで修理をしてくれて、有料のときのみ見積もりをもらえるところもあります。どのようなシステムなのかは、メーカーや家電量販店によって異なるので修理を頼むときに確認することが大切です。

代替機を借りられるかどうか確認

修理が長引きそうなら、代替機が借りられるか確認しておきましょう。代替機が用意されていれば、スマホを持っていない期間を作らずに済みます。電話番号などを代替機に移してもらえるので、自身のスマホと同じように活用できます。

修理後のアフターケアも確かめる

修理後に同じ箇所が壊れた場合、無償で直してくれるケースもあります。保証があるのだから当たり前だと思うかもしれませんが、1回目の修理から2回目の故障の間で保証が切れているケースもあるでしょう。それでも、直してもらえるのが修理後のアフターケアなので、もしものときを考えて確かめておくことをおすすめします。

スマホ修理の京橋店は接客が丁寧なスタッフが多いです。製造元のメーカーサポートセンターで冷たくあしらわれた案件でも、何とか直そうと知恵を絞ってくれるケースもあります。